金貨とはどんな物?

コレクターにも人気の金貨ですが、金貨とはそもそもどんな物でしょうか?まずはその名称通り金でできた貨幣を金貨、銀でできた貨幣は銀貨、銅でできた貨幣は銅貨となっています。もちろん歴史的に見ると通常使いのお金として使われてきた過去もありますが、現在日本のコンビニで金貨を使って買い物をする方は当然いません。そもそも金を貨幣の素材とするということは古くは古代ローマにまで遡るようです。

金融相場でも金は投資の対象として人気があり、どんどんと高値を更新してきました。今現在ではもしも10円玉サイズの金貨があるとしたら、その価値は数十万円に相当するものとなっています。こうなると金貨はもう立派な財産と言えます。

子供あまり知られていないかもしれませんが、現在日本では自販機で金貨を購入できるようになっています。なんと2011年以来自販機での金貨発売がおこなわれています。現在金貨は20~22金で作製されています。金貨においては金の純度なども重要になってきます。れっきとした資産形成の一つとして金貨を持つ人もいますが、子供達に残す資産としても適しているようです。不動産などは固定資産税がかかりますが、金貨であればどれだけ持っていても固定資産税などがかかりません。

上手に金に投資して、遺産、資産として金貨を上手に使っている人も少なくありません。もちろん自宅に金貨をたくさん保管しておくのは心配だと思いますが、貸金庫や貴金属の預かりサービスなどを利用することができます。