金貨の購入方法

ではアンティーク金貨を購入する際にはさらにどのようなことに注意すべきでしょうか。まず購入する方法としては、海外のショップで購入するという方法もありますし、日本のショップでも購入できます。先ほど述べてオークションという方法もあり、信頼できるオークションであるならば購入を検討することもできるでしょう。
金貨写真

ただしオークションの場合価格が釣り上がるにつれて、思っていたよりも高値で購入してしまうという心理的な罠に陥って、あとで悔やむということにもなりかねないので注意が必要です。

ショップで購入する際には販売者の顔がきちんと公表されているか金貨の写真は鮮明であるか、価格は適正か鑑定付きかなどの点をチェックしましょう。英語がわかる方であれば海外のショップで貴重な品を探すのも良いかもしれません。くれぐれも優良なアンティークコインショップを探すようにしましょう。評判などもしっかりとチェックして賢明な買い物をするようにしましょう。投資の対象というものはたくさんあります。

その都度人気の金融商品というものは変わりますし、いろいろな話を聞いて何が良いのかわかりにくいときもあると思います。そんなときは昔から変わらず価値を保っている金に注目してみてください。また、投資スタンスに合わせた金貨を選ぶ相談にのってくれる金貨ショップもありますので利用してみても良いかもしれません。

推奨HP>>>金貨販売のゴールドコインは品揃えナンバー1です。

投資に最適

どうして金貨、特にアンティーク金貨が投資に向いていると言えるのでしょうか。不動産投資のことを考えてみてください。過去の金融危機は不動産バブルが崩壊したことが引き金になっているものが多いですが、確かに不動産市場をはじめ、世の中には一時的にバブルになるものの、その後価値が暴落するものが多くあります。

金貨そうした意味で考えると金というものは貴重に価値が高い状態が保持されており、減ることはあってもなかなか増えることはないものです。その希少性の高さが供給よりも需要が高い状態をキープする要因となり、価値が下がりにくい安全資産となっているのです。

最近では金に投資する方法もいろいろで、実物の金貨を手に入れなくてもCFDなどの方式で金相場に直接投資、トレードすることができます。しかしそうした金融取引よりも現物での金をきちんと保持しているほうが将来的にも安全な投資の方法と言えるかもしれません。

コンピューターの中での金のトレードに目がいっている方は、同時に現物の金貨を購入することも考えてみてはいかがでしょうか。パソコンのチャート上の取引とは違う充足感や価値観を得られるに違いありません。そしてその中でもアンティーク金貨がおすすめです。

アンティーク金貨とは

金貨が非常に歴史の深い、資産としても人気があるものだということがわかりましたが、その中でもアンティーク金貨というものにスポットライトを当てたいと思います。金貨の中でも希少性が高いと言われるような金貨をアンティーク金貨と呼んだりしますが、一般的には100年以上前に発行された金貨のことを指しています。ですからその種類も多く、世界全体で20万種類も存在すると言われています。
コイン

もちろんその中でも特に高い価値が付与されているものは200~300種類のアンティーク金貨ということになっていて、コレクターや投資家の間でも注目されているわけです。

もちろんこうした高価なものに関しては本当に本物かどうかという問題がついてまわります。きちんと正式に鑑定がなされた鑑定付きの金貨を購入する必要があります。オークションなどで極端に安く出ていて飛びついてみたら贋作だったなどということのないように気をつけましょう。

もちろん出処が確かな金貨でも通販で購入することもできますので、鑑定付きで売ってくれる信用できるサイトで一点ものや掘り出し物を探すという方法もあります。少なくともそうしたサイトを見ているとアンティーク金貨に関する知識が増し加わっていくでしょう。

金貨とはどんな物?

コレクターにも人気の金貨ですが、金貨とはそもそもどんな物でしょうか?まずはその名称通り金でできた貨幣を金貨、銀でできた貨幣は銀貨、銅でできた貨幣は銅貨となっています。もちろん歴史的に見ると通常使いのお金として使われてきた過去もありますが、現在日本のコンビニで金貨を使って買い物をする方は当然いません。そもそも金を貨幣の素材とするということは古くは古代ローマにまで遡るようです。

金融相場でも金は投資の対象として人気があり、どんどんと高値を更新してきました。今現在ではもしも10円玉サイズの金貨があるとしたら、その価値は数十万円に相当するものとなっています。こうなると金貨はもう立派な財産と言えます。

子供あまり知られていないかもしれませんが、現在日本では自販機で金貨を購入できるようになっています。なんと2011年以来自販機での金貨発売がおこなわれています。現在金貨は20~22金で作製されています。金貨においては金の純度なども重要になってきます。れっきとした資産形成の一つとして金貨を持つ人もいますが、子供達に残す資産としても適しているようです。不動産などは固定資産税がかかりますが、金貨であればどれだけ持っていても固定資産税などがかかりません。

上手に金に投資して、遺産、資産として金貨を上手に使っている人も少なくありません。もちろん自宅に金貨をたくさん保管しておくのは心配だと思いますが、貸金庫や貴金属の預かりサービスなどを利用することができます。