為替スワップポイント

為替スワップポイント

為替のスワップ取引とは、一体どういったものでしょうか。外国為替取引の一つであり、決済日を延長できるといいます。為替スワップ取引ではスワップポイントというものが発生します。

スワップ取引って何?

スワップ取引とはどのようなものなのでしょうか。為替スワップ取引の結果、金利の高い通貨を買い、金利の低い通貨を売った場合、高い金利ぶんの利益を得ることができることになります。もしもポジションを持ち越す場合、金利差はスワップポイントとして一定期間ごとに加算されることになります。

互いにの金利が打ち消されて、残ったぶんがスワップ益となり、それが資産に追加されるという計算の仕方になっています。ロング買いによってスワップによる小さな利益を確保したいという個人投資家も大勢いるようです。

金利の違いに注目

なぜ金利が高かったり低かったりするかも含めて検討してください。銀行からの融資を考えた場合、金利条件がよくなるのは信用能力の高い企業などであり、危険性が高い人は高金利でしかお金を借りられません。スワップ取引でわかるように、為替の場合も同じなのです。金利の安い通貨の価値は自然と高くなる力が加わるはずです。

流れを見よう

大きな流れと反対方向の動きであることは、高金利通貨を持つ場合は覚悟しましょう。流れに巻き込まれたら大変なことになります。金利の高い通貨を持ちつづけたために、損が拡大したという話もあります。通貨は需要と供給のバランスが取れる方向に動く性質がありますので、ただ金利の高い通貨を持っていても益は得られません。為替を扱う時には、スワップ取引に関する知識が必要になります。